• ホーム
  • プラセンタは若返りのもととなる

プラセンタは若返りのもととなる

数年前から注射やサプリメントでよく耳にするようになったプラセンタは若返りのもととなる栄養が沢山含まれています。
そもそもどのようなものかご存知でしょうか。
プラセンタとは英語で胎盤という意味で、一般的に哺乳類の胎盤のことを表します。

胎盤は母親のお腹の中で赤ちゃんが栄養をもらい受けるための物です。
そのため身体を構成するために必要な栄養が余すことなく詰まっているだけでなく、生まれてくる前に胎盤を通して栄養をもらっているのでアレルギーの心配がないこともプラセンタが注目されている理由の一つです。
このプラセンタにはアンチエイジングの美容効果が期待できると言われています。

プラセンタに含まれているのは身体を作る元となるアミノ酸やタンパク質、脂質や糖質の他にもあります。
体の機能を調節してくれるビタミンやミネラル、酵素や核酸の他に、プラセンタにしか含まれていない成長因子、別名グロスファクターと呼ばれる特別な栄養素です。

この成長因子細胞の活性化と大きな関係があると言われています。
細胞が活性化するということは新陳代謝が促進され、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わる、つまり細胞が若返るということです。

成長因子の中でも特に肌とのかかわりが深いのが線維芽細胞増殖因子と呼ばれる成長因子です。
この因子は肌を構成する成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る肌の線維芽細胞と呼ばれる細胞を活性化してくれます。
線維芽細胞は二十歳を過ぎると機能が低下し始め、働かない細胞が年齢とともに増えていきます。
この細胞を活性化することで肌のアンチエイジング効果があります。

さらにプラセンタにはアンチエイジングにおいて欠かすことの出来ない抗酸化作用があります。
ストレスや喫煙などで増えて肌を内部から傷つけてしまう活性酸素を除去してくれるという働きがあるため、栄養を補給するだけでなく生活習慣によって起こりうる肌の老化もカバーしてくれます。

このようにプラセンタは体の中から若返らせてくれる成分ですので、定期的に体内に摂取することをお勧めします。
次の記事ではプラセンタ注射にかかる費用についてもご説明します。

プラセンタ注射の効果と費用

プラセンタは、サプリや健康ドリンクを摂取するよりも美容クリニックなどの医療機関で実施している注射療法の方がはるかに効果的で、若返りなどの様々なメリットを享受することが出来ます。
これは、経口摂取の場合は体内でプラセンタに含まれているコラーゲンなどの有効成分が消化・吸収されるまでに時間がかかってしまうのに対して、注射であれば直接体内に注入できるからです。

また、このような即効性において大きな差があるだけではなく、親和性という点でも両者には顕著な違いがあります。
何故なら、サプリや健康ドリンクでのプラセンタは豚や馬などの動物由来のものを使用しているのに対して、クリニックで注射療法で使用しているものは人間の胎盤から有効成分を抽出しているからです。
このために、より大きな抗酸化作用を発揮するので、若返りなどの確実な美容効果を期待できます。

ちなみに、この様に魅力的なプラセンタ注射は、更年期障害の治療以外は健康保険が適用されない自由診療に分類されています。
つまり、見た目に関してのアンチエイジングで施術を受ける場合は、費用は全額自己負担になるということです。

なお、それではどれぐらいの金額が必要かというと、分量や投与する方法により違いはありますが、大体の相場は1回当たり2,000~8,000円程度です。
これを1週間に2~3回のペースで2ヶ月程度受けるのを1クールとしているのが基本なので、少ない場合でも30,000円程度はかかると認識しておくのが良いでしょう。

また、美容クリニックの多くは施術を行う前に無料のカウンセリングを実施しているので、この時に費用についてなど分からないことについては確認しておくのがトラブルを避けるうえでの秘訣です。