• ホーム
  • まつ毛が短いと思うならケアプロストで改善

まつ毛が短いと思うならケアプロストで改善

ぱっちりとした大きな目に見せるには長く濃いまつ毛は必須です。
日本女性の中には自分のまつ毛に対して短いとコンプレックスを抱いている方も多く、マスカラやマツエクなどで何とか盛り付けている方も少なくありません。
また、市販されている美容液などを使ってケアをしている方もいらっしゃるようです。
しかしそういったコスメではせいぜい毛に艶を与えられる程度で、根本的な改善には至りません。

本当の美まつ毛を手に入れたいならば、いつまでもそのような方法でごまかし続けるのではなく、ケアプロストを使ってまつ育に励みましょう。
ケアプロストはまつ毛の育毛剤として製薬会社が開発した医薬品です。
生まれながらに短いまつ毛でもまるでお人形のように長く、太く、ふさふさにしてくれるので、素顔でもはっきりとした目元になれます。

このケアプロストにはまつ毛を急成長させる有効成分が配合されていて、毎日寝る前にまつ毛の生え際に塗布するとしっかりとした毛が生えてくるようになり、長さもどんどん伸びていきます。
まつ毛にも髪の毛同様に毛周期があるため個人差も見られます。
早い人であれば二か月ほど継続使用すれば目で見てわかるくらいにボリュームアップさせられるでしょう。

ケアプロストを使ってまつ育ケアをするようになると、スカスカだったまつ毛もびっしりと隙間なく生えてくるはずです。
生え際の密度が高まりまるでアイラインを引いているかのように目の輪郭に濃さが出てくるため、目は強調されて見えることで大きく見せられます。
素顔でもアイメイクをしているかのように目力がアップするので、目が小さいと悩んでいる女性も自信が持てるでしょう。

ケアプロストを使えば、まつ毛の酷使により毛周期が乱れてしまっていた方でも正常なサイクルへと回復させられるので、遅くても三か月ほど使えば満足できるくらいの改善が見られます。
毛も一本一本が太くしっかりとしてくるので、抜けにくくなっていくでしょう。

ケアプロストを使用する時は色素沈着に注意

医薬品の育毛剤であるケアプロストを使えばどんなに貧弱なまつ毛でも美まつ毛へと変身させられます。
高い効果が期待できる反面、使い方を誤ってしまうと副作用の危険性もあるので、顔の中でも特にデリケートな目元に使用するということを意識し、使用上の注意を遵守しなければいけません。

ケアプロストは無色透明の水のようなサラサラの液状の育毛剤なので、生え際以外の皮膚に付かなように塗るために専用のアプリケーターが製造されています。
このアプリケーターは先端が極細のブラシになっており、液だれすることなく生え際にアプローチできるようになっているので、必ずこのブラシで塗布することをおすすめします。
綿棒などでは太すぎて塗る範囲が広がってしまったり、綿棒自体にすぐに吸収されてしまうので何滴も使わなければならずもったいないです。

ケアプロストの副作用として肌の色素沈着が報告されているので、目の周辺が黒くなってしまわないためにも注意して塗りましょう。
塗布した後はしっかりと乾かしてから就寝するようにしないと、寝ている間に液だれすると下まぶたや目尻への色素沈着が出来てしまいます。
万が一生え際以外の皮膚に付いてしまった場合には、すぐにふき取るようにしましょう。
ふき取るものはティッシュや濡れコットンで十分です。

濃さ、長さ共に理想とするまつ毛の状態に近づいたならば、ケアプロストを塗る頻度を徐々に減らしていきましょう。
毎日の塗布を二日に一回、三日に一回へと変えたところで、密度や長さに急激な変化はありません。
まつ毛の生え代わりのサイクルでごそっと抜けてしまう方もいらっしゃいますが、そういった場合にはまた毎日塗るようにすれば早く伸びてくれます。